【新しい広告サイト】MoonAdsが誕生!登録方法や使い方の説明【アドセンス型・仮想通貨で報酬を受け取れる】

ここでは最近新しくできたアドセンス型の広告サイト【MoonAds】の登録の方法や広告コードの発行方法などの使い方をご紹介します。

Googleアドセンスはなかなか受からなかったり、制限も色々ありますが今のところ「MoonAds」は【審査なし】【1,000円から出金可能】などかなりゆるいのでオススメです。

スポンサーリンク

登録方法

それではまずMoonAdsのアカウント登録から説明します。

ここをクリック(タップ)してMoonAds公式ページへ飛んでください。

※ここではPCの画面で説明してますがスマホでも大体同じかと思われます。

公式ページが表示された時に英語表記になっていたら↓のように赤枠の部分で「Japanese」を選択しましょう。

 

次に登録画面を出すために「ログイン」をクリックします。

 

ログインの画面が表示されるので「登録する」を押して登録画面に切り替えます。

 

登録画面が表示されたら各項目を埋めていきましょう。

 

ユーザー名:ログインに使うID

パスワード:ログインに使うパスワード

メールアドレス:ご自身のメールアドレス

ドメイン名:広告を貼るメインのサイト

あとは氏名、住所、電話番号を入力します。

利用規約を読んでチェックをつけたら、「登録する」をクリック

 

ここまでで仮の状態になり確認メールが登録したメールアドレス宛に届いているので確認します。

↓のようなメールが届くので赤枠のとこをクリックしましょう。

その後に本登録完了のメールもきます。

登録しただけで広告を貼る側、広告を頼む側両方になれるようです。

では登録したユーザー名とパスワードでログインしてみましょう。

 

自分のサイトを登録

ログインできたらまずは広告を貼る自分のサイト(ドメイン)を登録しましょう。複数ドメインの登録も可能です。

「サイト運営者」をクリック

 

表示が切り替わったら「サイト」をクリック

 

プルダウンメニューから「サイトを追加」を選択しましょう。

 

サイトの情報を入力していきます。

ここで「サイト名」となっているところはドメインを入力しましょう。

登録できたらいよいよ広告コードを発行します!

「広告コード一覧」をクリック

 

プルダウンメニューから「作成」をクリックします。

 

広告コード名:自分で分かりやすい名前をつける

広告コードタイプ:CPC/CPMから変更できない(記事作成時点)のでそのまま

サイトを選択:先ほど登録したサイトを選ぶ

広告タイプ:「テキスト」「バナー」「テキスト+バナー」から選ぶ

 

 

広告枠を選択:広告のサイズを決めます。

レスポンシブ広告:ここを「yes」にしておくと各ユーザーの環境ごとにサイズが自動的に変わる設定にできるのでyesにしましょう。

全部完了したら「広告コードを作成」をクリックしましょう。

 

作成された広告の情報画面になりますので赤枠部分の「広告コード」をコピーして自分のサイトに貼れば広告が表示されるようになります!

 

報酬の出金方法

報酬は1000円から出金可能(記事作成時点)です。

出金方法を確認しましょう。

まず「アカウント」をクリックします。

次に「引き出し」をクリック

 

プルダウンメニューから「設定する」をクリックしましょう。

ここで引き出しの方法を選択します。

記事作成時点では【ビットコイン】【イーサリアム】【リップル】【ビットコインキャッシュ】【ライトコイン】が選択可能です。

ビットコインを例に登録してみました。「BTC address」のところに自分のビットコインアドレスを入力します。間違いがないようにコピペで対応しましょう。

登録できたら実際に引き出し作業をします。

「引き出し」メニューから「リクエスト」を選択

 

引き出し量を入力(現在ではドルで入力)し、引き出しクリックで完了です。

 

タイトルとURLをコピーしました